10年後は?

2011.2.7, kit
Pマークの未来(10年後ぐらい)を考えると、生き残っているとすれば、以下のパターンのいずれかか

(1)ISMS並に審査料を上げ本格的に審査
  • 付いて来れる会社のみ認定し、認定企業数は激減
(2)審査費用・審査方法・運営は今のまま、認定の範囲をB2C業務に限定
  • 事故の多い受託事業者を締め出している
  • 認定企業数は5分の1ぐらいか
(3)審査料を大きく下げ、単なるPMS構築企業の登録制度
  • 取消/一時停止措置は行わない
  • ただし事故情報はすべてウェブで公表して情報公開し、それなりの存在意義が出ている